最も有名なED治療薬のバイアグラの効果と副作用

バイアグラは男性の性機能障害であるED(勃起不全)の症状を改善してくれる薬です。
この薬はEDの治療薬としては早くから販売されている薬で、現在ではインターネット通販でも購入することができます。
バイアグラはEDにたいする治療効果が高く、およそ70%~90%の人で効果が期待できるとされています。

この薬の有効成分としては、シルデナフィルクエン酸塩が配合されています。
シルデナフィルクエン酸塩は、男性の陰茎の周囲にある神経に働いて、海綿体平滑筋を弛緩させる5型ホスホジエステラーゼという酵素の働きを阻害します。
そのため、陰茎海綿体の緊張をゆるめて血管を拡張し、血流量を増やすことによって十分な勃起状態を維持させます。

バイアグラを使用すると、飲んでから30分くらい経ったころに効果が現れ始めます。
効果が最大になるのは、飲んでからちょうど1時間後くらいです。
その後はしばらくのあいだ効果が持続し、3~4時間経つと効果はピーク時の半分ほどになるとされています。

バイアグラはいわゆる媚薬ではないので、性的な興奮をもたらす効果はありません。
性的な刺激が加わることによって初めて効果を発揮する薬になります。
バイアグラを飲んだ場合、一度刺激を受るとしばらくのあいだは勃起が持続するため、時間が経つと勃起力が低下してしまう中折れの症状にも使用することができます。

EDの治療薬であるバイアグラは、年齢に関係なく効果を発揮してくれる薬です。
若い人だけでなく、高齢の人であってもこの薬を使用することによってEDの症状を改善できます。
また、高血圧や糖尿病、男性ホルモンの低下など、病気や老化が原因となっているEDにたいしても効果があります。

バイアグラは血管を拡張させる働きが強いため、場合によっては副作用が起きることもあります。
しかし、この薬単体であればそれほど重い副作用が起きることはありません。
なお、食事と一緒に飲むと効果が弱まってしまうことがあります。

バイアグラの副作用と服用時の注意点について

バイアグラの主な副作用としては、頭痛やほてり、紅潮などがあります。
また、動悸や頻脈・めまいなどの症状が出る人もいます。血圧の変動が見られる人もいます。
これらの副作用は、有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩の血管拡張作用によって起きるもので、普通は時間が経てば良くなります。

しかし、なかには薬の作用時間が切れても勃起がずっとおさまらないままになってしまう人がいます。
こうした症状は持続勃起症(プリアピズム)と呼ばれています。
バイアグラはネット通販でも購入できる薬ですが、4時間以上経っても勃起がおさまらないようであれば、すぐに病院を受診して診察を受けるようにしてください。

そのほかの副作用としては、視覚異常が起きる人がときどきいます。
バイアグラによって視覚異常が起きると、視界が青くなったり、白いものがやや黄色っぽく見えるようになったりします。
また、目の前で光がちらつくといった症状が出る人もいます。

バイアグラを服用する際には、薬の飲み合わせにも注意する必要があります。
とくに心臓の薬であるニトログリセリンや硝酸イソソルビドなどを使用している場合には、血圧が急激に下がってしまうことがあるためとても危険です。
その他の薬を服用している場合にも、お互いの薬の効果を強めたり弱めたりしてしまうことがあるので注意してください。

バイアグラを使用する場合には、1日に1回の服用を限度としなくてはいけません。
また、服用間隔は必ず24時間以上空ける必要があります。心臓や脳血管に持病がある人は慎重に使用しなくてはいけません。
重度の肝機能障害や高血圧・低血圧にかかっている人も、充分に注意しながら使用したほうが良いでしょう。